普段の暮らしの中に自然とエコを取り入れるようにする為に

屋上緑化という斬新な考え方

現代は温暖化が叫ばれてしばらくが経ち、それさえも当たり前になってしまいました。ですが近年の異常気象というのは全てとは言わないものの温暖化による地球の気候の変化が原因である可能性が高いです。これ以上温暖化が続けば地球は大変な事になるでしょう。ですがそれは今現在でも進んでいるのです。なのでその現象を少しでも減らす為に考えられたのが、屋上緑化計画です。都心などでは高層ビルばかりが立ち並ぶようになっています。

コンクリートジャングルから脱出

そんなコンクリートジャングルである都心ですが、そのビルの屋上には豊富な緑が所狭しと並んでいます。これだけでは間に合わないくらいのスピードで自然はなくなってきてはいますが、少しでも温暖化を解消する事ができればということで考えるようになったのです。エコな暮らしをするというのはお金もかからないですし節約にもなり自然にとっていい事をしているのでとても魅力的な考え方です。これはこれからも続けていくものです。

温暖化をなくすためにも

将来的にはコンクリートをなくす運動があってもいいのではないでしょうか。歩きやすい、通りやすいを優先するばかりでコンクリートばかりにしてしまって、夏はその照り返しで地面は相当な熱さになってしまっています。そうする事でますます温暖化に拍車をかけています。なのでこのコンクリートをなくして土にすれば光が土に吸収されて照り返しという事もなくなり温暖化や熱がこもるという事が大幅に減少させることができるでしょう。

ビルなどの屋上緑化で、緑に触れる機会も増え、野菜を栽培したり、癒しのくつろぐ場所になるなど、都会でも自然との共存を考えた取り組みが行われているようです。